エントリー

カテゴリー「ライブ/コンサート/REC」の検索結果は以下のとおりです。

2016.07.30 軽音OBコン@新所沢Soundstone

大学の軽音OBコンサートに参加させてもらいました!
今回、私はdeplabRe-NacLの2バンドで出演しました。

大学時代の同期はもちろん、先輩後輩、そもそも年代かぶっていない先輩後輩方も含め、当時の仲間と今でも集まってライブを行えることはすごく素敵なことだなぁ。
と思った。

やはり社会人ともなるとバンドを続けている人は少なくなるわけで。
でも、10年以上経ってもこうやって集まって、ふっつーにライブして
ふっつーに打ち上げで飲んで。

みんなで集まってワイワイってのが良いよね!

◆DolphinKick
https://youtu.be/UV6s3y3ywWg

◆外人Complex
https://youtu.be/0XbEmxfAog4

◆VanillaScotch
https://youtu.be/X6YS769z9Y0

◆deplab
https://youtu.be/CkorH2WlKx8

◆Re-NacL
https://youtu.be/S7J3BfrzID8

2016.07.30 は 所沢小手指SoundStone で軽音OBコンです。

来る2016.07.30は所沢は小手指駅近くのSoundStoneで
某大学軽音OB企画コンがあります!

一つ上の先輩の個人的な企画で、一人ですべてを準備頂いてます!
感謝。
みんなで盛り上げていきたいですね。
某大学軽音関係者以外もマジwelcomeです!

わたくし、恐れ多くも2バンド参加させてもらいます。
皆様お誘いあわせの上是非~。

~~~~~~~
Anal music festival vol.2
 7/30 所沢小手指SoundStone
 open/start 11:00 close 15:00
 act
外人complex (thrash metal)(阿部神野山本)
vanilla scotch (power pop)(遠山枝久保上野あや)
 dolphin kick (power pop)(加藤さやか遠山)
 deplab (brutal metal)(安東内田江川田中浅見)
 re-nacl (progre metal)(三浦浅見駒林戸丸松島)

エントランスドリンク代のみ¥500!
打ち上げやるき小手指店16時開始予定¥3,500飲み放3h
~~~~~~~

私は#4 deplabと#5 Re-NacLで出ます。
1バンド目から楽しめます!是非是非~。

deplabの最終練習

Re-NacLの最終練習

2016.07.09 mugbum @ 大宮hisomine

07.09 この日はmugbumライブ活動休止発表後 思ったより間開けずに活動再開した記念すべき日でした。
新曲も1stEPから3曲増やして、セットリストのバランスから2曲を披露という大人な活動を継続中。
披露する予定のなかったその新曲3曲目に取り掛かったrockback
急遽セットリストのバランスからこの曲が必要!となり、本番前最後のスタジオで歌詞入れた初合せ。だったと思う。

それでも披露してよかった。
みなさんからrockbackのここが良い!と具体的に言葉をかけて頂いたのは大変うれしい。

わざわざ足を運んでくれたたくさんのオーディエンスと写真撮ってくれたり、動画撮ってくれたり、声かけてくれたり
すごく幸せなんだなぁ、って思いました。

fm2


ネコシールの紹介だけで次回ライブ予定をアナウンスしませんでしたが
次回ライブは 2016.08.28 下北沢モナレコードです!!!



東京アカデミッシェカペレ第51回演奏会に行ってきた

曲目は
指揮:海老原 光
・P.ヒンデミット ウェーバーの主題による交響的変容
・A.ドヴォルザーク スタバト マーテル
@すみだトリフォニーホール

同じ楽団の演奏会何度か行っているけど、
やはり、指揮者によってオーケストラが奏でるトーンが変わるの面白いな。

なんで指揮者が変わると音が変わるのか大変興味深いね。
指揮者は楽器の音を出しているわけでは無いのに。

やはり一番印象が強いのは未だに、この楽団が指揮 小林研一郎で演奏した
オルフのカルミナブラーナ。
鳥肌立ちまくりだったのを覚えている。

さて、本日は、同じ楽団でも、だいぶモダンな輪郭を出してた。
指揮者で音が変わるの面白い!
アマチュアの楽団ではあるけど本当に楽しくって、
生でクラシックを聴けるのは本当に良い経験。

ソリストは当然ですが楽器演奏者にも数名プロが入っていることがあって
プロの楽器演奏者の音って全然違うんだよね。

すごいよね。細かいとこまで安定感と表現力が、
音が出始める直前からプロの音だ、ってわかる。

プロもピンキリなんだろうけど、僕から見たらみんなすげー。

クラシックの生演奏は耳敏さが研かれる気がして楽しい。


2016.04.24 東京交響楽団 第639回 定期演奏会 行ってきた

曲目は
指揮:ジョナサン・ノット
・アルノルト・シェーンベルク ワルシャワの生き残り 作品46
・アルバン・ベルク 「ルル」組曲
・ヨハネス・ブラームス ドイツレクイエム

まー場所は良いとこサントリーホールまで。

最初の2曲は 俺でも困惑するプログレであった
いや、プログレロックでは無く、プログレだったので単純に理解する能力が無かったのか単純に得意では無いか。

何時の時代もとっつきにくい音楽は、まぁ売れはしないわな、と思った。

3曲目のドイツレクイエムはとても綺麗な曲。
こうゆう音楽があるのを知らなかったのは本当にもったいない。
さすがにドイツレクイエムは何回も聴いているけどやはりプロの演奏する音を生で聴くというのは大変な贅沢だな、と思った。



2016.03.19 フィルハーモニックアンサンブル管弦楽団第60回演奏会 行った

曲目は
指揮:小林研一郎
ベートーベン ピアノ協奏曲 第5番「皇帝」
ショスタコービッチ 交響曲 第5番「革命」

とのこと。
@すみだトリフォニーホール

小林研一郎が指揮を振ると彼の音、彼のヴァイブを感じられるのはすごいことだと思った。


たぶんバンドでも同じことが起きるよね。
誰がメンバー変わっても、バンドの音って変わるんだろうな、と思った。

2016.02.28 mugbumライブ@大宮ヒソミネ

昨日はmugbum 今年度最後のライブでした。
次回ライブはメンバーの都合でいろいろありまして、
半年後になるか10年後になるか分かりませんが、
大変楽しい夜でした。



お越し下さったみなさま。気にかけてくださったみなさまありがとうございます!

なんといっても2016.02.28 はmugbum 初音源リリース
午前中のスタジオ練習中に買いに来てくれたり、
ライブハウスのオープン前に買ってくれたり、
皆様待ってて下さったのがすごくうれしいですね。

ライブ後もCD聞いてくださった方々からうれしい評価をたくさんいただいて
うれしいです!




CD持ち歩いて聴くことは無くなったけど
CDというパッケージで音楽を聴くのってすごくいいな。

私もいざ昨日CDを手に入れまして、
自宅のオーディオでCDを鳴らした時の感動と言ったら。

どっかで書いたことあるけど、いまだに自分でベース弾いている感覚がなくて
自分のプレイを耳で追うことなくフラットに音源を聴けるから
作品としての良し悪しがよく分かる。本当に良いCDができたと思う。
楽曲もいいし、プレイもいいし、録音・パッケージングも良い。

今日から通販始まった(http://band-mgng.rhcloud.com/release/mugbum/)ので、この先しばらくライブも無いのでぜひぜひ早めに
ゲットして聴いてくださいね~。

お薦めは通勤時間に聴くmugbumEPです。

■今日の一曲
mugbum / 2016.02.28 hisomine より fm2
新曲も皆様楽しんでもらえたみたいで良かった。
ベース弾いていないとすぐ弾けなくなってしまうのでスタジオは月一くらいで入りたいな。

レコーディング終盤

今日でおそらくmugbumレコーディング最終日
レコーディングスタジオに楽器を持たずに歌詞カード片手に向かいました。
わたくし、初めての歌撮り。

緊張するかなー?と思ったけど
そんなこと全くなく楽しくできました。

写真やビデオ見たことはあるけど、マイクの前にウィンドスクリーンが設置された
環境を目の前にすると結構テンション上がる。


先週のうちにコーラスの重ねる音階考えて、自宅で歌レコーディングして
朝晩通勤中聴きながら声の出し方をイメトレして
腹筋・背筋トレーニングとストレッチを毎日行い、今日に向けて(1週間)整えてきたのだ。

だから待ち遠しかったので楽しくできた。

今回レコーディングに参加してとても勉強になった。

わたし、ちょっとずれたりもう少し良いプレイができるな、と思って
細かいところまで気になるし、完璧になるまでやり直したい派だし、
事前に準備をしておかないと後悔するのがイヤで
結構作りこむんだけど、
リーダーのムグ氏のやり方を見ているとなんかいろいろそんなに気にしていなくて。

撮れた音確認すると、結局一番良い雰囲気のところでまとまってて
変なところ凝るとお金も時間もかかるし、変なところ凝っても結果そんなに大きく変わらないし、普段の努力が音としてパッケージに収まるわけだから
どーんと構えていいんじゃん スタンス(な気がして)が勉強になった。

さすがカリスマ。
影響力が違う。
きっと見えない努力が半端無いということだろう。

いい音源になりそうだ。
ギターもその場で思いついたようなアイデアを撮ってたっぽいし
バンドもいつもの演奏がしっかり入っている。
歌もコーラスもかっこよく撮れた。

3人でシャウトを撮ったが採用するかどうかはこれから。


私のコーラスだけで何声も入っているけど全てカットされる可能性もある。


ちなみにドラムのイッチ氏のコーラスは一発OK、声量も音程の安定度も半端ねー。
本日一番のスタジオでの出来事はイッチ氏にアサミ痩せたな、と言われたこと。

mugbumでコーラスを考えるようになって歌が楽しくなってきた。
ギタリストは歌を歌わないスタンスでここまで来たけど、
mugbumではベーシストだし、ある程度歌が歌えるようになろうと思います。

■今日の一曲

2016.01.10 mugbumライブ日記

ちょっとゆっくりライブ日記書く余裕がないのでメモだけ。
他のバンドの事とか良かったこととか悪かったこととか書こうと思ってたけど
パス。

さすがしゃれおつな街 下北沢。
対バンの皆様しゃれおつ!そしてみんなうまいなー。と思った。

いつもうまいことは大して感動しないんだけど
今回はうまいなーと単純に思った。
あと、しゃれおつなので危なくmugbumの音楽性がおしゃれに傾くところだった。

やってる音楽が違うのもあるけどうまい。
ベースを低く構えているからいけないのかな、と思ったけど
今回1曲目でちょっとベースを振り回したら左腕が張ってしまい
3曲目の頃には既に弾けなくなってしまった、原因は何かな?と考えた結果、
ベースの位置が高いからだな。という結論になったので次回は
もう一段階ベースを持つ位置を下げます。

うまいも下手も左腕が張って、フレットを押さえられず音が鳴らなくては
どうしようもないな、と思ったので持つ位置下げます。

あとめちゃくちゃ練習することにした。

次回ライブは2/28
宜しくお願いいたします。

■今日の一曲
mugbum / 160110下北沢モナレコード より DMEShttps://youtu.be/s7Un2b9Pb3s?list=PLlAyZ6rXi24bs0HsHNLlReKemuRnGxsaO
外の音聴くと大体いつも通りの演奏だった。

レコーディング中盤

この日は特に私の仕事はなかったのだが
なんとなくレコーディングスタジオに行ってみた。

15時入りだったが私がスタジオに入ったのは17時近く。
そろそろギター録りが終わるところだった。


むむ、このステッカーは!!?


ありがたいことに、ムグ氏より、
野良猫グッツ新作発表のたびにいただいています。

渡されたときに(ああ・・・またか・・・)という表情を
私がしていたことをムグ氏は見逃さなかったようです。

念のため、畳1畳分のエフェクトボードとギターを持っていくが
ケースから開けることなくギター録音完了。

あーいいなぁ、俺もギターレコーディングしたい。
よし、しよう。2年以内に。


隔離されたブースに収容されるうちのドラマー


モニター越しに 良い悪いをグチグチ言いながら
ソファであぐらを書いていました。

グチグチ言う以外 何もしなかったけどレコーディング楽しいなー。

■今日の一曲

ページ移動



ユーティリティ

2024年02月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

新着エントリー

1月のライブ予定(2024.01.14sun mugbum)
2024/01/10 20:19
2024年の抱負
2024/01/02 21:48
2023年の反省
2023/12/30 21:36
2023年の抱負
2023/01/02 22:58
2022年の反省
2022/12/30 20:49

新着コメント

Feed