エントリー

エフェクトボードリニューアルした。

前回ボード大幅リニューアルが2012年の模様。

今年は2024年なので12年ぶり!?

2024051901.jpg

この間ちょこちょこ中身の箱は入れ替えていたけど

入れ替えすぎてケーブルも汚くなってきてたしBOSSから出たスイッチャーES-8が気になるなぁ、とも思っていたところ、いつもお世話になっている平野楽器さんになんかの用事で訪問した際、今回ボードを組んでいただいた七画の音工店さんを紹介いただき、

よし、組むか。

と決意が固まったのがきっかけ。

挙動やプログラムは事前に確認して設定動かしてみて確認済み、設計はちゃんと私。

 

組込み設計は七画さんに頂き、部材・パーツ、配置他いろいろこだわってくれて

凄くキレイに組んでもらいました!

私もこだわり強い方なのでいろいろ要望出しましたが試行錯誤いただき大満足の仕上がり。

大変ありがとうございます!!!

 

ボードで何がやりたいと思っていたかというと

・スイッチの切り替えでマルチエフェクターの設定呼び出しを切り替えたい。

・スイッチのボタン踏んでいる間だけ、別のエフェクターもかけたい。

・一つのタップボタンでリアルタイムにディレイやモジュレーション、複数のエフェクターのタイムチェンジをしたい。

・エフェクターの接続順をボタン一つで入れ替えたい

・ボードに組んでいない持込エフェクターを好きな場所に接続したい。

 

こんなこと絶対出来ない、と思っていたことが全てできるようになりました!

設定組んでしまえば切り替えは結構直感的、慣れれば演奏に支障はなさそう。

設定組むのがちょっと頭使う。パソコン無いとキツい。

 

今回の入れ替えに際して、メイン歪みも入れ替えようか検討をした。 

ES-8を発注したのが2023年11月、納期未定でなかなか来ないのでその間で

久しぶりに楽器屋に入り浸り。

自分のメインエフェクターLAOX KENTAROとKeely KATANAを持ちこんで

気になるエフェクターと比較の試奏。

 

やっぱKENTAROはなかなか最強である、暴れ馬感が大変な魅力であることを再認識。

24051903.jpg

 

いくつも試す中でクリーンブースター J.RAD ArcherCleanが大変ステキな音だったので

歪みもArcher系全て(Ikon、Archer、TheJeff、Majestic、あともう1個くらい)試奏。

結局メインのクリーンブースター、オーバードライブ、いずれも入れ替えとなりました。

2024051902.jpg

 

ArcherClean 凜と透き通る凄くステキな音なのでしっかり使いこなせるよう精進します!

 

これ以上書くと際限無いのでこれくらいで。

TM NETWORK TRIBUTE ALBUM - 40TH CELEBRATION

私、世代よりちょっと後ですがTM NETWORK好きでして。

そして愛するB'zがGET WILDをカバーすることも知っていたので

AppleMusicで早く発売日を迎えてもらって聴きたい聴きたい!とは思っていたのですが

 

本日5/15発売日なので移動中の電車でAppleMusicでB'zのGetWildを流し、

松本孝弘のアーミングが鳴った瞬間、松本様、わかってらっしゃる。

めっちゃテンション上がった!

 

名曲GetWildに限ってはオリジナルのを超える、超えないにしてもTMへの敬意とリスナーの喜びをパッケージングすることはいくら稲葉さんだとしてもそれは実現し得ない、と思っているので松本孝弘(本当にTM NETWORKサポートギタリスト)がギターを弾いてB'zとしてカバーすることが最大限のトリビュートであることはわかっていた。

だからGetWildに限ってはB'z以外にトリビュートはあり得ない。

なのでトリビュートアルバム自体を購入のつもりは無く、ストリーミングサービスでB'zのGetWildを聴ければ良いと思っていた。

 

何曲か流していて知らない曲が流れた。

おわっ!これ買う必要あるレベルの名盤!と思い電車の中で購入を決意。

誰がやっているのだろうとクレジットを見るとヒャダインとのこと。

ネットで調べると初回限定版でリリースされている模様。

いつものタワレコオンラインで買おうとするも売切れとの表示、

おわっ!もう今日CD屋行くしかない!

 

CD購入を決意し、ヒャダインのトリビュート曲を聴く、

DJ KOOっぽいなぁ、電車の中で調べたらDJ KOOも参加、さすがDJ KOO

一聴して分かる、それを表現するヒャダインもさすが。

めっちゃTMも小室もリスペクトじゃん!

トリビュート曲となんとオリジナル曲も同梱のステキな2枚組仕様、これは買いと決めて正解。

知らない曲なのでオリジナル曲も聴いてみる、お、全然違うけどこのオリジナル曲からパリピ感を出したい意思を表現しててヒャダイン素晴らしい。

 

西川君によるLOVE TRAINが流れ始める。さすが。

 

客先の帰りでアキバで降りる予定なので、タワレコ寄ろう。

今日はCDを買うべき運命!

アキバヨドバシのタワレコに向かおうとエレベータで待っていると、

ん?タワレコの標記が無い、、、

 

エレベータ待ちの1階でネットで調べると、2023年1月閉店!!!

ぎゃー!!!

 

アキバに戻らず新宿に行けば良かった、

この後渋谷方面への客先訪問。15分ほど客先から電車に乗るが訪問終わったら渋谷に行くか、、、面倒だなぁ、客先終わってもう一度調べると帰り道方面錦糸町にタワレコあり。無事ゲット!!!初回仕様、残り7枚だった!

2024051501.jpg

 

DISK1のTRIBUTE、DISK2のTM NETWORK いずれも2回し聴いた。

素晴らしい。

トリビュートを聴いた後、この曲順で、改めてオリジナルを聴く機会を与えられたことは大変素晴らしい!

小室天才、ウツ最高、木根さんいい人(アコギ天才)

 

予定外だったけど素晴らしいCDを手に入れた。

CD所有の価値については書くと長くなるから書かない。小室天才、ヒャダイン天才。

松本神。

Tak Matsumoto Tour 2024 -Here Comes the Bluesman-(2024.05.11@BlueNoteTokyo)

信じられないことが起きたとチケットが当たった時に思っていたけど、

会場に入って、開演時間を迎えた時にあり得ないことが起きていることを再認識した。

 

指定の席に着くために先ほど私が歩いてきた会場内の通路にTakMatsumotoが現れた!

Takがすぐそこに!

 

彼がステージに上がると私と目が合った。

すげー!!!誰にでも0.2秒くらいしか目を合わさないところがトップクラスのプロ。

 

私の席から撮ったステージ(開演までは写真OKでした)

2024051101.jpg 

ここにTakMatsumotoがいたんだよ!!!

1ステージに16席しかない超VIP席

 

つまりこうゆうアングルで写真が撮れる。

2024051102.jpg

 

今日のTakの足下。

 

TakMatsumotoの音が良すぎるのはなぜなんだろう、と

ライブビデオで研究していたら、

まず彼の右手のピッキングの仕方が私と違うことに気づいたのが3年くらい前。

25年くらい染みついた私の右手のスタイルを変えるのは容易ではなく、

結構毎日 右手を彼のように弾こうと練習して3年過ぎてやっと自然にできるように

なってきた。トーンはまだまだ及ばないけど結構今までの私の音と違う!

 

こんな目の前で彼のプレイを拝める機会はもう私には二度と無いかもしれない、

焼き付けたよ、今日の彼のプレイを。

右手の力の入れ具合、手首を浮かしているのにどこで音を切っているのか、

弦とピックの確度、スナップの引っかけ方。全部見えるからね!

 

ここまでライブビデオでもある程度研究は可能、今日はずっと見ていられたけど。

この距離で見ないと分からなかったこともある!

 

一音一音の表情付け意味付けが異常に繊細なことは分かっており、

ピッキングのコントロールがポイントと思っていたけどそれだけではなかった!

ピッキングする音としない音があって、私もギター弾くので当然そんなことは知っているのだが、

あの抜ける音を出すとき以外はそもそもピッキングをしない、という弾き方をしていたように感じた。

と、となると今後は左手と右手の連携に注目。

お、、、やっていることが異次元だ、、、チョーキングの音程コントロールは当然、

外した音階のフレットをわざと選んで微妙なチョーキングとスライドのコントロールで

右手でピッキングしない、という音の出し方(言葉不足汗)をしてる。

そうゆう技術があるのは知っているし、私もそうゆう弾き方は当然やるけど

コントロールの精度と出したいトーンの意思と再現度が異次元。

 

あの指運びでこのメロディを奏でるのは相当の反復練習で体に染みこませないと、

いや、プロだから当然かもしれないけどそれでも人智を超えたプレイだった。

 

サポートギターの大賀くんが足下操作凄く忙しそうで楽しかった。

2024051103.jpg

 

帰ってきて、忘れないうちにTakの弾き方をやってみた。

そもそも出来ん、それでもこのメモ(日記)を見返して忘れないように練習続けていく。

 

写真見返してたら今回のツアー限定のBlueNoteTokyoオリジナルカクテルのメニューに

Takのサインが書いてあった、もっとまじまじと見れば良かった。

2024051104.jpg

 

複雑な香りが爽やかに抜けるステキなカクテルでした!

2024051105.jpg

 

何より918本限定(すでに売切れ) 松本孝弘監修ウイスキー「Waltz in Blue 青の円舞曲 7年」ワンショット付きというプレミアム席!

ウイスキーは普段飲まないので価値が分からないので失礼かと思って抽選応募もしなかった。

でも今日飲んだ!

2024051106.jpg

スモーキーな深い香り、爽やかさ渋さチョコの甘さほろ苦さそれぞれをつなぐ酸味感、

複雑か香りが余韻に漂うステキなウイスキーでした!

一口でやけに効くと思ったら度数50%なのね。

ステキな空間をさらに盛り上げてくれました!

 

ボトルはこれね。

2024051107.jpg

 

こうゆうの嬉しいよね。

2024051108.jpg

 

ついでにもう1枚顔出ししておくか。

2024051109.jpg

 

ち、近い、Takまでの距離が。

 

今日は最高すぎたけどTakじゃなくてもBlueNoteTokyoにまた行きたいと思いました。

BlueNoteのファンになるのもよく分かる空間でした。

食事も美味しかった。

 

こんなステキな瞬間があるなんて考えてもいなかった。

素晴らしいです。

BLOGデータ復活しました。

  • 2024/04/07 22:39
  • カテゴリー:日記

昨日12年分のブログが消えたとご報告いたしましたが、

復旧しました。

 

ふと思い立ち、もしかしてサーバにバックアップが取れているのではないか!?

と調べてみたところ、復旧サービスがあり、とりあえずデータは復旧!

 

BLOGの復旧データを丸々アップロードしてアクセスしてみたところ動いた!

https://www.asamitomohiko.com/freo2/index.php

ありがとうございました。

レイアウトは崩れたままだけど記録が残っているだけで有り難し。 

 

ありがとう、Xrea、ありがとうFreo

多少の寂しさがありましたが晴れやかに吹き飛びました。ありがとうありがとう。

 

来週くらいに今投稿している新たに設置したこのプログラムで

ちゃんと写真が載せられるか検証してみよう。

ありがとう、Xrea、ありがとうFreo

以前のBLOGが消えました。

  • 2024/04/06 23:20
  • カテゴリー:日記

悲しいかな。

 

このサイトをSSLに対応させようとしたら見事に以前のブログ内容12年分が消えました。

 

おそらくデータ自体は残っていると思うのですが、 表示させるすべがなく。

 

再設置したので公開します。。。  

 

では今後もよろしくお願いいたします~。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ

ユーティリティ

2024年06月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着画像

過去ログ

Feed